新しいマンションを不動産会社で比較して貸すことに成功した経験


  1. 築5年の物件を貸し物件に決めた
  2. 一括査定サイトで希望に合った不動産会社に聞く
  3. 不動産会社が管理などの態様をし希望にあった賃貸収入


築5年の物件を貸し物件に決めた

建物

築年数が5年未満の比較的新しいマンションに居住していました。この物件は分譲マンションとして売出しを行っていたもので、当初は気に入って生活を送っていたのですが、約5年後には近隣に新しい物件が建てられることになり、間取りやインテリアなど総合的なデザイン面や共用部分の機能面などを考慮して、住み替えを行うことを決めました。資金は元々貯蓄をしていたので、問題は起きない状態で、直ぐに新しい物件を購入できる状態でしたが、問題は住み続けてきた物件の取り扱い方法です。始めは売却する方法か賃貸物件として貸し 出す方法で随分と悩んだのですが、その結果としては貸すことに決めました。 その理由としては、まだ新しい物件だったので、この先も長期的に他人に貸すことができると判断することができ、メンテナンスの費用に関しても、あまりかからないと予測することができたので、賃貸用の物件としては相応しいものと考えたことにあります。防犯設備も整っている物件で、近隣には商業施設なども多く営業している便利な場所になり、借主が直ぐに現れることも期待できる理由になりました。また、室内も綺麗なフローリングが張られている状態で、キッチンやバスルーム、トイレなどの水周りの設備機器も綺麗な状態を保っていたので、一定の清掃作業を行う方法で、直ぐにでも貸すことができる環境にありました。



マンション 貸す 方法
ネクストコーポレーション

最初